カードローンで収入証明書が不要な理由

カードローンでは一定額までの借り入れなら収入証明書を提出せずに申込みが可能です。
ひと昔前のキャッシングだったらお金を借りるには何らかの収入証明書が必要、というイメージがありました。
しかし2010年に改正された貸金業法により、貸金業者は一律50万円を超える融資に対しては、利用者に収入証明書の提出を義務付けることが定められました。
カードローン会社の中では消費者金融やクレジットカード業者などが貸金業者にあたります。
また同時に、複数の業者からの借入総額が100万円を超える場合も収入証明書が義務付けられました。
つまり消費者金融系のカードローンなどを利用するケースでは、50万円までの金額を借りる場合もしくは複数社からの借入総額が100万円までとなる借り入れに関しては、
収入証明書の提出が不要ということになるのです。
収入証明書はカードローン会社が申込者の返済能力を見極めるために重要な役割を果たすもので、一般的には源泉徴収票や給与明細書、確定申告書の控えなどが使用されます。
貸し倒れのリスクを考えると、安定した収入があることを示すことができない人には、大きな金額を安心して貸付することはできないというわけですね。
これまでお話ししたのは消費者金融などの貸金業者についてですが、銀行のカードローンは事情が少し違ってきます。
銀行は貸金業法は適用されませんので、上記のような50万円という制限は特にありません。
銀行によって設定額は異なりますが、100万円や300万円といった金額を境に収入証明書の提出を求めています。
消費者金融とくらべるとかなり高い金額まで収入証明書なしで借りられるわけです。
収入証明書は勤務先や役所に申請して発行してもらう必要があるので、どうしても手間と時間がかかってしまいます。
不要で申し込めれば、かなり手続きはラクになりますね。
ちなみに無職の専業主婦OKの銀行カードローンの場合、限度額が少額ですが夫の収入証明書は不要で借りることができます。